【ワンピース】SWORDメンバー一覧!

ONE PIECE

今回は、ONE PIECEに登場するSWORDメンバーを一覧で紹介します。

1117話でハチノスから帰還したSWORDメンバーがワンピースの核心に迫るかのような重要な会話をしていました。

改めてメンバー紹介と、SWORDに関する謎や伏線を解説していきます!

限界20代
限界20代

SWORDメンバーの初出は107巻です。一緒に読みながら確認しましょう。

SWORDとは

107巻1080話「伝説の英雄」でメンバーが登場し、SWORDという組織について判明しました。

  • 海軍本部の機密特殊部隊
  • 辞表提出済みの海兵で、あらゆる命令を無視して自由に動ける遊撃隊
  • 海軍は責任を持たずにいつでも首を切れる

クザンの説明によると、マリンコードを返上している海兵で四皇にも上層部の許可なく喧嘩を売れる遊撃隊と言われています。

コビーが黒ひげ・ティーチの交渉材料として捕まりハチノスに持ち替えられましたが、コビーがソードとわかりクザンは交渉失敗だと言いました。

ティーチは海軍にソードという組織があることも知らない様子。

クザンもコビーがソードだと知らず、知っている海兵はまちまちのようです。

メンバーは海軍内でも公表されていないことがわかります。

FILM REDではCP0のブルーノとヘルメッポにコビーが「ナワバリ争いをしてる場合じゃない」と言ったことから組織間ではお互いをよく思っていないことが推測できます。

SWORDメンバー一覧

X・ドレーク

引用:尾田英一郎・ONE PIECE
名前X・ドレーク
所属海軍本部少将、SWORD隊長、ドレーク海賊団船長→元百獣海賊団飛び六砲
年齢33歳
身長233cm
懸賞金2億2200万ベリー
悪魔の実リュウリュウの実古代種モデルアロサウルス
覇気武装色・見聞色
X狩場(エクスカリバー)
出身北の海
誕生日10月24日
初登場51巻498話「11人の超新星」
備考赤旗の異名。海賊船はリベラルハインド号

ドレークは2年前にシャボンディ諸島に集結した最悪の世代の一人として登場しました。

2年後にはカイドウの傘下に下り、飛び六砲として地位を得ていましたが、海軍の機密特殊部隊SWORDとして百獣海賊団に潜入していたことが後に判明しました。

ワノ国鬼ヶ島決戦では生死不明のまま終幕しましたが、1117話で生存が確定。

現在はソードメンバーとともにSG病院で療養中です。

コビー

引用:尾田英一郎・ONE PIECE
名前コビー
所属アルビダ海賊団雑用→海軍153支部→海軍本部→軍曹→海軍本部大佐、SWORD隊員
年齢18歳
身長167cm
懸賞金5星(約5億ベリー)
悪魔の実なし
覇気見聞色、武装色
実直拳骨(オネスティインパクト)
出身東の海
誕生日5月13日
初登場1巻2話「その男‘麦わらのルフィ’」
備考

コビーはルフィが海に出て最初に出会った友達で、コビーにとってルフィは恩人で憧れの存在。

扉絵連載ではガープの元で修行している様子が描かれ、W7で再登場した際には心身ともに成長し強くなった姿をルフィに見せることができました。

海軍将校になることを夢に掲げて雑用から現在は大佐までに登りつめました。

マリンフォード頂上戦争で見聞色の覇気が覚醒し、その後2024年6月最新話では武装色の覇気も取得しています。

2年後にはロッキーポート事件で市民を救った英雄として世間から高い評価を得ています。

この名声のおかげでクロスギルドに懸けられた懸賞金は約5億ベリーとなっていました。

自己犠牲の精神が強いのか勝てる相手だと見極めているのか、身代わりになったり囮になったりすることが多々あります。

ハチノスで奴隷として売られる前の捉えられた人たちを逃すために囮になり奔走中に、ガープらが駆けつけハチノスに残る黒ひげ海賊団と戦闘になりました。

ピサロの能力によって窮地に陥る海軍ですが、ガープの指示でコビー、グルス、ヘルメッポが立ち向かいます。

コビーはガープが作った一瞬の隙に「期待に答えます」と言い、武装色の覇気をまとって「実直拳骨(オネスティインパクト)」を放ちピサロにダメージを与え多くの海兵を救いました。

限界20代
限界20代

実直とはまさにコビーのこと。たしぎやソードメンバーもコビーの開花した実力に驚いていましたね。コビーは海軍の主人公で間違いなし!

ヘルメッポ

引用:尾田英一郎・ONE PIECE
名前ヘルメッポ
所属海軍153支部→海軍本部→軍曹→少佐、SWORD隊員
年齢22歳
身長179cm
懸賞金不明
悪魔の実なし
覇気不明
出身東の海
誕生日7月16日
初登場1巻3話「海賊狩りのゾロ登場」
備考二刀流でククリ刀を使用する

ヘルメッポは東の海はシェルズタウンのモーガン元大佐の息子で、身勝手な行動で町の人を脅かしていた七光のバカ息子と言われていました。

コビーとともにガープに拾われ一念発起し成長をとげ、現在では少佐になっています。

FILM REDでソード隊員だと判明。

ハチノスでは、ガープから「コビーとグルスの邪魔をさせるな」と命令を受けてモブ海賊の砲撃に突っ込んで2人を守りました。

限界20代
限界20代

原作の設定でソードではなく、REDでソードってことにして原作の設定を変えたらしいよ。キャラの感じがなんとなく麦わらの一味でいうウソップ的な感じですね。

プリンス・グルス

引用:尾田英一郎・ONE PIECE
名前プリンス・グルス
所属海軍本部少将、SWORD隊員
年齢不明
身長不明
懸賞金不明
悪魔の実グニョグニョの実
覇気不明
泥人形(ゴーレム)粘土(グニョ)の巣
出身不明
誕生日不明
初登場105巻1061話「未来島エッグヘッド」
備考あだ名は‘王子’

プリンス・グルスはコビー救出を泣いてせがむヘルメッポとひばりを咎めたシーンで初登場しました。

グニョグニョの実の粘土人間で、泥人形(ゴーレム)を操るなど戦闘においては後方支援も可能です。

ツバの長い帽子は母親からもらったもので、幼少期に根暗な性格から下を向いて歩いてはよくぶつかりトラブルに遭うのを避けるために被らされたものです。

ソードメンバーからは王子というあだ名で呼ばれています。

限界20代
限界20代

ガープに海軍の未来と言われたコビーに嫉妬していましたね。

ひばり

引用:尾田英一郎・ONE PIECE
名前ひばり
所属海軍本部中佐、SWORD隊員
年齢不明
身長不明
懸賞金不明
悪魔の実なし
覇気不明
不明
出身不明
誕生日不明
初登場105巻1061話「未来島エッグヘッド」
備考広島弁に似た口調

ひばりは広島弁が特徴的なキャラで、明言されていませんがコビー先輩ラブな女の子です。

スナイパーでハチノスでのコビー救出では、ベガパンクの発明したお花弾を使用。

火薬をお花に変えるGPフラワーが仕込まれた弾丸で、相手の銃を機能不全にします。

SBSにて裏設定が判明していて、戦場でコビーに命を救われ、さらに失くしてしまった大切なくまのぬいぐるみを見つけてもらった過去があるそうです。

それ以来、くまのぬぐるみにはコビー先輩と名付け、大切なお守りとしてかばんに入れています。

海軍への入隊時期は不明ですが、見た目の年齢やメンバーとの話し方からさほど長くないと予想。

ヘルメッポより階級が上なので、出世が早い実力株であることがわかります。

広島弁を話すことから、海軍元帥サカズキとの親子関係が考察されています。

サカズキが胸に挿している花が広島で交配されたひばりという花と言われていることも根拠の一つです。

限界20代
限界20代

尾田っちの描く女性キャラがどんどん可愛くなる…!!

孔雀

引用:尾田英一郎・ONE PIECE
名前孔雀
所属海軍本部少将、SWORD隊員
年齢不明
身長不明
懸賞金不明
悪魔の実ムチムチの実
覇気不明
不明
出身不明
誕生日不明
初登場105巻1061話「未来島エッグヘッド」
備考鞭の名前は「兵闘鞭」

孔雀はムチムチの実の調教人間で、鞭を入れた相手は無機物でも調教できます。

ハチノスでは建物を動かし動線を確保していました。

海軍本部・大参謀つるの孫。

ガープのことも呼び捨てにしているのはつるの孫であることが関係してると思いたい。

ひばりを気にかけたりお姉さん的立ち位置。

限界20代
限界20代

つるの孫だから幼少期からガープを知っていたとか?どことなくつると口調が似ていますね。

SWORDの可能性があるキャラ

作中で明言されていませんが、ソードの可能性があると言われているキャラを紹介します。

モンキー・D・ガープ

海軍本部中将のモンキー・D・ガープがソードであると考察されています。

ガープはマリンフォード頂上戦争後に実質職を降りていますが、若手育成として籍はそのままになっています。

コビーがティーチに囚われたと知りヘルメッポらソードを連れてハチノスへ。

ハチノスのモブ海賊から引退したはずじゃ?と言われていたことから世間の認識は海軍を去った者同様であることがわかります。

コビーやヘルメッポだけでなくソードメンバーと親しく、慕われていること、実質職を降りているのでソードと変わらないことが根拠になっています。

たしぎ

スモーカーの右腕剣士のたしぎもソードでは?と噂されています。

PH編終了から出番がありませんでしたが、コビー大佐の一件からソードと関係して登場が増えています。

一緒に行動しているのでソードと予想されますが、ハチノスでコビーが「ソードじゃないみなさんまで」とわざわざ言っているのでソードではない可能性も十分あります。

最新話で登場!SWORDが世界政府の敵になる?設立の目的を考察!

1117話で展開されたソードたちの会話はこちらもチェック!

  • ヘルメッポ「コレつまりよォ‘ひとつなぎの大秘宝’ってよォ!!」
  • コビー「大変な結論になりませんか?」
  • プリンス・グルス「あっちゃならねェ答えがでそうだ」
  • 孔雀「アタシらの出番じゃないか!」

ソード隊員たちはこのような会話をしていましたが、とても違和感の残るシーンでした。

この違和感に対する解釈は2パターンあると考えます。

  • ヘルメッポのセリフから孔雀のセリフまでで、ワンピースについての1個の話をしている
  • ヘルメッポがワンピースの話をし、コビー、グルス、孔雀は大変な結論についての2個の話をしている

それぞれの解釈を考察していきましょう。

2パターンの会話の解釈に共通して、‘ひとつなぎの大秘宝’についてソード内で共通の認識があるとも考えています。

そしてこの認識はまだ作中では出ていない新情報になってくるでしょう。

SWORDは‘ひとつなぎの大秘宝’ワンピースについて確信を得ている?

まずヘルメッポのつまり‘ひとつなぎの大秘宝’ってというセリフを皮切りに、ワンピースについて全員で話していると解釈できます。

ベガパンクの配信を聞いて得た情報を踏まえて、ワンピースに対するソードとしての結論が出たのでしょう。

ソードはおそらくベガパンクの配信前から独自に情報を得ていて、配信内容と合わせて整合性がとれたので、とんでもない結論になったとも考えられます。

裏を返せばベガパンクの話を聞けばワンピースが何かわかってしまう、とも言えますね。

ロジャーがラフテルに残したとされている宝について、海軍はこれまで何か知っているようには描かれていません。

もっと言えば、海軍はこれまでラフテルにある宝、ワンピースについて追求をしていません。

海賊より先にラフテルに行ってロジャーの残した宝を回収してしまえば、大海賊時代も終わらせられるのにその選択もしていないことに疑問が出てきました。

マリンフォード頂上戦争で白ひげが、ワンピースは実在すると断言した際に、当時の元帥センゴクが憤りを見せたことから、ワンピースがあるのかないのか、どこにあるか、その正体は何なのか、海軍(と言うより世界政府)にとって知られたくないことだと想像できます。

SWORDが得た情報(未発表)+ベガパンクの配信→ワンピースに関する大変な結論、あっちゃならねェ答え

世界が海に沈むと聞いてSWORDが出した結論とは?

もう一つの解釈は、ヘルメッポの「ワンピースってよぉ」の次にコビーが「ちょっと待って」と混乱をしていたところでワンピースについての話は終わりにしています。

そして、コビー、グルス、孔雀の3人は、世界が海に沈むことについて大変な結論になる会話をしてると考えるパターンです。

ワンピースについてはまだよくわからない状態で、ヘルメッポの「つまりワンピースってよぉ」の後に、海に沈んでいる、海底にあるのでは?と言ったセリフが続くでしょう。

その後のコビーたち3人のセリフが、世界が海に沈むこと、ベガパンクが証言した空白の100年の研究結果とソードが独自に入手した情報を合わせて「大変な結論」になると考えられます。

ベガパンクの配信を聞いた上で、ワンピースについて→まだよくわからない

大変な結論であっちゃならねェ答えとは?

では、大変な結論であっちゃならない答えとは何でしょう。

  • 正義がひっくり返る→「世界政府」が世界を海に沈めた元凶、古代兵器を所有している
  • 「世界政府」=悪となり、ソードの敵が世界政府になる

ソード隊員は辞表提出済みですが、海軍には所属しているので立場は世界政府側に属する海兵です。

海軍のソードにとってあってはならない答えとは、「世界政府」が世界を海に沈めた元凶で、古代兵器を使用した悪の存在と世間に認識されてしまうことと予想できます。

また「世界政府」が古代兵器を使用して一般市民をも犠牲にしていると分かれば、ソードの敵にもなりかねません。

古代兵器が原因で世界が海に沈んだとして、ラフテルに到達し空白の100年の真実を明るみにすることで防げるとしたら、海賊がラフテルを目指すことを肯定しなければなりません。

海軍にとって、海賊を認めることは大変な結論になりますね。

全てが憶測ではありますが、海軍にとって大変な結論だとすると、世界政府が悪で海賊が善と捉えてもおかしくないでしょう。

アタシら(SWORD)の出番とは?

ソードは海軍であり、海軍ではない存在。

だからこそ「世界政府」や海軍を敵に回すことも可能です。

そのためにはソードの理念ーー例えば市民を守るため、サカズキのように極端な正義による犠牲をなくすなどーーに沿って海軍が敵になる可能性は十分にあります。

元々海軍や世界政府に対して疑念があるため、マリンコードを返上しているとしたら、メンバーは皆その理念が一致していて、組織に守られては貫けない彼らなりの正義があるでしょう。

よって、アタシらの出番とは、海軍や世界政府に反旗を翻すこともできるソードの出番と予想します。

1080話でハチノスから逃走を図るコビーは、ペローナとの交換条件を受け海賊と手を組んだことへ後悔を見せました。

少なくとも、海賊は悪であると海軍らしい意識はあることは確かで、その一歩先にソード内の共通の敵もいると考えます。

限界20代
限界20代

ソードがルフィたち海賊サイドについてvs世界政府、海軍の連合軍と戦う未来もあるかも?

【ワンピース】SWORDメンバー一覧!|まとめ

今回は、SWORDメンバーの紹介と、1117話の登場シーンを深掘りしました。

重要なシーンでの登場だったので、今後も大きく活躍するでしょう。

この記事のまとめ
  • ソードはマリンコードを返上した遊撃隊
  • 【考察】ソードはワンピースの答えを予想できるほど情報を持っている
  • 【考察】これから起こる巨大な戦いではソードが海軍と戦う可能性もあり
限界20代
限界20代

超違和感のあるシーンでしたが、情報が少ないので妄想の域を超えませんね。今後の活躍を待ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました